女性や若い人に多いです

看護師

ストレスに弱い傾向です

非定型うつは従来のうつ病の症状もありますが、多少は違った症状が出ることも多く、20代、30代の若い年代や女性に多くみられる傾向があります。職場や学校などでストレス環境になると、気分の落ち込みや憂鬱な気分になることもありますが、趣味や娯楽には活動が出来るなどの傾向があります。周囲の人には誤解をされやすいですが、病気の疾患のひとつなので早めに精神神経科の病院や、クリニックを受診することが大事です。非定型うつを発症しやすい人の特徴を知っておきたい人が多いですが、他人の評価や言葉に敏感な人が多く、ストレスに弱い傾向があります。子供の頃は真面目で手の掛からない人が多いですが、自己主張をするのが苦手な人が多い傾向があります。現代はストレス社会になっているので、学校や職場、家庭でも悩みを持たれている人が多く、過度なストレスや疲労などが原因で発症することが多いです。早い段階で治療を受けることで、社会復帰が可能なので、地元で評価の高い精神神経科の病院やクリニックで、診察やカウンセリングを受けて下さい。非定型うつは従来のうつ病に比べると、抗うつ剤や抗不安薬が効きにくい傾向がありますが、双極性障害の治療に使われている気分安定薬で効果が出ることもあります。カウンセリングや認知行動療法などの精神療法は大変有効なので、定期的に通院をすることで症状が改善した人も多いです。従来のうつ病は不眠や食欲不振などが見られることが多いですが、非定型うつは過眠になったり、食欲が増進して体重が増加したりすることもよくあります。精神神経科の病院やクリニックで治療を続けることも大事ですが、カフェインや甘いお菓子類を控えたり、適度な運動を行ったりすることも大事です。非定型うつは周囲の人には甘えや怠けと誤解されることもありますが、本人は辛い症状で悩んでいる人がほとんどです。根気よく治療を続けていると、症状が少しずつ改善してくるので、適度に運動をしたり、買い物や家事を行ったりするのもお勧めです。非定型うつは誰でも発症する可能性がありますが、気になる症状が見られる場合は、放置をせずに早めに治療を始めましょう。

Copyright© 2018 非定型うつでも安心して治療できる【自分を主張できるようになる】 All Rights Reserved.